専業主婦とキャッシング

主婦とキャッシング

主婦の方も何かとお金が必要になる時があります。日々の生活費を切り詰めていても月末になると必ず足りなくなってしまったり、うまくやりくりしていたのに突然の出費が必要になったり、とお金の問題はなくなりません。

 

専業主婦の方がお金を借りたくなる場合、2つのパターンがあります。それは「夫に相談できる」か「夫に内緒にしたい」か、です。

 

この2つのパターンはキャッシングの借り先も異なってきます。と言うのは、2010年6月に総量規制という金融の法律が改正されました。それまでは誰でも好きなところで好きなだけお金を借りることができたのですが、返済できなくなる人が続出し、社会問題にまで発展したため、借りるときの規制を厳しくしたのです。

 

総量規制に伴い、借りられるお金の限度額は年収の3分の1まで。働かず収入のない人は、配偶者の同意書と年収を証明する書類などの提出が義務付けられました。ですので、旦那に相談出来る専業主婦の方であれば、旦那の同意書と年収証明書などを用意できるので、何処でも問題なくお金を借りることができます。

 

問題なのは「夫に内緒でこっそりお金を借りたい」専業主婦の方です。
旦那に内緒で借りるにはいったいどうすればいいのでしょう。。。

 

実は、この総量規制は「銀行」からお金を借りる場合には適応されません。ですので、大手のメガバンクが運営しているカードローンやキャッシングであれば今までどおりご自身の身分証明証だけでお金を借りることができるのです。大手メガバンクは知名度もありますし、安心感が他とは違います。最近は銀行のカードローンも最短即日で発行してもらえるので、急にお金が必要になった場合でも申し込んだその日にお金を受け取る事ができる場合があります。